ヒグマログ

僕は明らかにブロガー向きじゃない保守的一般人だ

【猫背治したい人必見】矯正ベルトを使って背筋改善してみた

猫背を治す方法、矯正ベルトの魅力を紹介した記事のイメージ

この記事の概要
  • 猫背の矯正ベルトを使ってみた感想
  • 猫背の危険性を解説
この記事のターゲット
  • パソコン作業が多くて身体にガタが来ているアナタ
  • なんとなく猫背が気になるアナタ
  • 猫背をベルトで矯正してみたいアナタ

その猫背、そろそろ治しましょう

パソコン作業が続くとついついなりがちな猫背。

 

ノート型PCでブログ書いたり仕事したりされる方はどうしても背筋が丸まってしまいますよね。

 

僕もそのうちの一人であり、インターン先でのライター業務で5時間座りっぱなし、猫背になりっぱなし。そんな経験が多々ありました。

 

ただ、そんなある日、インターン先の社員さんがスマホ首になって救急搬送という事態が起き、「猫背は矯正しなければ危ないもの」ということを認識。

 

皆さんも今は大丈夫かもしれませんが、どんどんと歳を重ねるに連れ、猫背が自分の身体をダメにする可能性があります。

 

そろそろ猫背を治すべき理由をしっかり理解して、猫背矯正のために日常を変えていきましょう。

 

猫背を改善しなければならない理由

なぜ、猫背は治すべきなのでしょうか?何となく身体に悪いことは分かっているものの、ちゃんとは理解していない方が大半でしょう。

 

猫背の危険性をきちんと理解しないと、皆さんも改善するモチベーションが湧かないでしょうから、まずは猫背による弊害をご紹介します。

 

なお、これから説明する内容は、美と健康を扱う「LACY」さんの記事から要点のみまとめたものです。

 

出典:LACY「猫背による弊害まとめ│姿勢が悪いと起こる肩こり・腰痛・内蔵圧迫など」(2018年10月15日参照)

 

猫背による弊害は以下の通り

  1. 肩こり・腰痛が起きる
  2. 眼が疲れやすくなる
  3. 呼吸が浅くなる
  4. 便秘・下痢が起きやすくなる
  5. 月経周期に影響が出る
  6. イライラしやすくなる
  7. 体調を崩しやすくなる

 

1.2に関しては筋肉への負担から生じるもの。3.4.5は内臓への圧迫による影響。6.7は自律神経への影響によるものだそう。

 

僕自身も猫背の弊害を調べてみて、「これだけ身体に悪いのか」と驚きました。猫背が理由で「普通に暮らせなくなる」ことって相当しょうもないですよね。

 

今は上記の自覚症状が無くても、この先ずっと猫背を続けていると急にガタが来る可能性も大いにあるので、猫背は今のうちから治していくべきです。

 

実際に猫背矯正ベルトで猫背治してみた

猫背の危険性、ご理解いただけたかと思います。ここからは実際に「猫背矯正ベルト」を使った感想をお伝えしますね。

 

まず僕と猫背矯正ベルトとの出会いは東急ハンズ。健康グッズの棚に置かれていました。

 

猫背って「日頃から意識すれば良いものでありグッズは要らない」と思っていた僕ですが、意外と意識できないものです。

 

パソコンで仕事に熱中していると、自然とそちらに意識がいってしまい、背筋がまるまる、なんてことが多々ありました。

 

これはもう強制的に身体を固定するしかない」と考えた僕はネットで猫背矯正ベルトを調べまくります。

 

その結果、ある程度良さそうな評価だったのがこいつ。以下で感想を書いていきましょう。

 

skedanの背筋矯正ベルトを使った感想 

メーカーには何のこだわりも無く、ただただAmazonの評価が高く、安い商品を買った僕。(☆4.5、¥1,580円)

 

説明書は紙ペラ一枚でしたが、簡単にセットアップすることができました。そしていざ装着。リュックを背負うような感覚で、背筋矯正ベルトをつけます。ここまでは満足。

 

「あれ、思ったより全然矯正されない」。これが正直な感想でした。もっと「グワーン」ていうレベルを想像していたのですが、結構微妙。

 

そこでキツさを調整する紐を使ってみることに。「おおお、何か胸が前に出てくる!」感想が変わりました。しっかりキツく設定すると、両肩が後方に引っ張られる感覚です。

 

試しに鏡で見てみると、確かに背筋がピン!としています。今までの姿勢とは全然違う感覚であり、いかに自分が猫背だったかを思い知らされました。

 

感動していたので、試しにインターン先の社員さん数人に貸してみることに。皆さん、「イイね」と結構良い評判です。ただ、中には「締め付けがキツすぎて痛い」という方も。

 

僕はずっと付けていられる身体だったのですが、個人差で「痛い」と感じることもあるようです。Tシャツ一枚に対してつけるなど、肌に近い場合は痛くなることもあるので注意してください。

 

ただ、総じて猫背矯正ベルトはアリ。パソコン作業に支障はありませんし、強制的に猫背を治す手段としてはかなり有効でした。 

 

本気で猫背を矯正したい方には

今回ご紹介した猫背矯正ベルトは「胸付近」をサポートするタイプの商品でした。ただ、探してみると上半身全体まで矯正するベルトがあるそう。

 

このタイプはお値段は少し高くなる代わりに、お腹まわりまで矯正する仕様となっています。

 

「お腹までベルトが来ると苦しそうかなあ」と思っていたのですが、レビューを見る限り、そのような意見は全然ありませんでした。むしろ、よりガッチリとサポートされるため高評価のよう。

 

「本気で猫背を矯正したい」「ガチガチの猫背矯正ベルトがほしい」と考えている方はいずれこちらのモデルを購入すると良いかも知れません。

 

ただ、僕は結構今の胸タイプで満足しています。

 

猫背を矯正ベルトを使って背筋を改善しよう

 この記事では猫背矯正ベルトを使ってみた感想を書いてきました。
 
「矯正」という文字を見ると何だか大変そうに思えますが、意外と気楽につけて簡単に猫背を矯正できるものです。
 
「猫背になんとなく悩んでいる」「姿勢そろそろ治したほうがいいかなあ」と考えている方は、試しに猫背矯正ベルトを付けてみてください。いかに自分の姿勢が悪かったかが分かるので。
 
お値段もお手頃なものなので、「将来の健康のため」と考え一度試してみてはいかがでしょうか?
 
それでは。
 

 

 

 

三日坊主になってしまうのは何故?-継続できない3つの理由

三日坊主から抜け出す方法、その理由を解説した記事のイメージ

この記事の概要
  • 三日坊主になる理由を考察
  • 三日坊主を抜け出す方法を提案
この記事のターゲット
  • 三日坊主になってしまう自分を変えたいアナタ
  • 夏休みの課題は直前追い込み型だったアナタ
  • ダラダラして罪悪感をしてるアナタ

どうして三日坊主になってしまうんだ

「本当は〇〇やるべきだったのに、今日ダラダラしてしまった」

「〇〇やろうと思ってたけど、いつのまにか1週間経ってた」

 

こんな経験をしたことがある三日坊主のみなさん、こんにちは。

 

同じく三日坊主の筆者、ヒグマグロです。三日坊主を「三日ボウザー」と命名しようとしましたがダサすぎて辞めました。

 

そんなことはさておき、「本当はやらなきゃいけないのに全然続かない」って場面多くないですか?

 

締切ギリギリにやっておく癖がついている方は、一日に少しづつやるっていう行動がトコトン苦手ですよね。僕も異常なほどに苦手です。

 

その結果、「自分はなんてダメな人間なんだ」って一日の終りに絶望して悲しい気持ちになりますよね。

 

いい加減この三日坊主とおさらばしたいって思うその心、めちゃくちゃ分かりますよ。

 

この記事ではそんな三日坊主(三日ボウザー)状態から抜け出すための方法をご紹介します。

 

元三日ボウザーの僕が、筋トレ5ヶ月・ブログ1ヶ月を継続できたノウハウなので参考にしてください。

 

三日坊主になってしまう理由とは?

三日坊主から抜け出す方法を学ぶ前に、まずは三日坊主になる理由を正しく把握していきましょう。

 

「理由は分からないけど取り敢えず練習!」みたいな指導法は昭和で終わりました。原因から理解して適切な対応がイチバン。理由は以下の3つです。

  1. 何故やらなきゃいけないのかを理解していない
  2. 計画を達成できなくてもリスクがない
  3. 計画の立て方が雑

 

(1)何故やらなきゃいけないのかを理解していない

みなさん、なぜその勉強・行動をわざわざしなければいけないのか、しっかり理解できていますか?

 

大抵の方はこの「勉強・行動の重要性」を理解しないまま、「何となく」で進めてしまっているため、失敗しています。

 

例えば、TOEICの勉強を始めたとしましょう。勉強を始めた当初は「就活で必要そうだから頑張ろう」と意気込んでいますよね。

 

ただ、何日も経ってくるとその情熱も消滅。ただただ惰性で続けている状態に。「何となく」始めたため、いつの間にか「何となく」終わってしまいました。

 

人は自分に甘いものです。「本当に必要」と心から思わなければすぐに楽な方へと進んでしまいます。

 

(2)計画を達成できなくてもリスクがない

資格取得のため計画を立てたとしましょう。先ほどと同様に、最初はやる気はありますよね。

 

ただ忙しくなったりして「また今度やればいいや」「他の仕事のほうが大事」なんて思っているうちに三日坊主になった、なんてことあると思います。

 

提出物や納期の締切などとは異なり、特に誰かを困らせたり咎められたりするものでもないので、自分に甘くなってしまうのって当然です。

  

(3)立てた計画が雑

 次のテストまでにTOIECで〇〇点を取る!とだけ決めて終了している方、いないでしょうか。

 

「流石にこのレベルの人はいないだろう」と思う方も多いことでしょう。ただ、僕の計画はこのレベルでした。その結果、失敗の連続。

 

立てた計画が雑すぎる故、今日は何をすれば良いかなどが分からなくなり、「とりあえず勉強できる時に一気にやろう」という思考に陥ってしまいました。

 

その結果、いつのまにか試験日を向かえてしまうと。

 

計画をまともに決めていないと、目標達成のフローが全然わからなくなるので当然ですね。

  

僕が三日坊主に抜け出した3つの方法

三日坊主になる理由、ご理解頂けたでしょうか。最近まで僕は上記の理由すべてに当てはまっていたのですが、これから紹介する方法で多少マシになりました。

 

以下の3点、是非みなさん読んでみてください。

  1. 勉強・行動をしなければいけない理由を徹底的に考える
  2. 他人を巻き込んで罰ゲームを導入する
  3. 目標達成のための計画作成にしっかり時間を割く

 

(1)勉強・行動をしなければいけない理由を徹底的に考える

「何で僕は今この勉強をしなければいけないのか?」この問いを必ず、毎回自分自身に問いかけるようにしてください。

 

仕事や作業と同じで、毎回ゴールをチェックしておかないと、「あれ、何のためにやってるんだっけ」という状態に陥ってしまうものです。

 

僕も筋トレを継続させる時、必ず自分に問い続けていました。

 

僕の場合その理由が「入社後、激務は確定。今のうちから体作りをしなければ身体をぶっ壊す。そして精神病になり一生働けなくなる。孤独。」でした。

 

いつのまにか不安を取り除くために筋トレをするようになり、継続できるように。

 

(2)他人を巻き込んで罰ゲームを導入する

リスクが無いと人は行動しないものです。ただ、資格取得や筋トレは自分との戦い。一人でやっていたら三日坊主になってもいいやっていうスタンスになってしまいます。

 

なので、いっそのこと罰ゲームを導入して自分をやらざるを得ない状況に持ち込みましょう。一番手っ取り早い方法です。

 

きっと恐怖から三日坊主を抜け出せてるはず。僕も現在GAIQの資格を期限内にとれなきゃ眉毛全剃という最高に嫌な罰ゲームと戦っています。

 

(3)目標達成のための計画作成に時間をしっかり割く

何かを始めようとする時、必ず戦略を立てることから始めましょう。そして必ず一日単位にまで作業を分解すること。

 

また、そのノルマの達成具合を記録していくことが大事です。少しづつ継続できた記録が続くと、満足感が得られるようになります。ログインボーナス貯まる感覚ですね。

 

また、こんだけ続いたんだから今辞めるともったいない、という罪悪感までそのうち出てきて、辞められないカラダになります。

  

ただ、一週間毎日やるのは厳しいものが有るので「5日は続ける。のこりの2日は調整日」みたいな感じでやると良いです。

 

三日坊主を抜け出して自己肯定感を高めよう

三日坊主を抜け出す方法、ご理解いただけたでしょうか。

 

三日坊主を抜け出して物事を継続できるようになると、「自分よくやったなあ」という満足感、そして自己肯定感が高まっていきます。

 

それにやることもやれるのでスキル面での成長すると。このように三日坊主を抜け出すとメンタルもスキルにも良いので、是非実践してみてください。

 

それでは。 

pandenm.hateblo.jp

今日もネタが思いつきませんでした-ブログを書けなかった僕の日記

ブログが思いつかなかった記事

ネタが思いつきませんでした

どうも、筆者のヒグマグロです。就活系記事をお送りしているこのブログ。

 

今日も何を書こうか散々考え、下書きなども行ってみたのですが全然良いネタが思いつきませんでした。

 

本来は「〜の方法」や「〜とは」のような、読者の皆さんに役立つ記事を量産して行きたいのですが、今日はどうやらダメなようです。

 

ただ、よくよく考えればこのブログは「雑記ブログ」。就活特化の役立つ系サイトとは異なる、筆者ヒグマグロならば何でも良いサイトでした。

 

この状況に甘え、今宵も思いつくままに記事を書いていこうと思います。

 

以前「ブログを書きたくない」「ブログ飽きた」などのネタですっかり記事が成立してしまったことに味をしめた僕。さあ、今日も楽をして記事を書いていきましょう。

 

大学生の僕が最近生きていた話

大学4年生で既に卒業単位を取り終えた僕。ゼミも行く必要がなくなり、サークルもやっていないので非常に自由な大学生です。そんな僕が最近やったことをまとめてみました。

 

(1)新しい革財布を購入した

長財布から卒業を遂げた僕。最近もっぱら現金を使わなくなったのでデカイ財布が不要になっていました。全部Suicaやクレカで済んでしまいますからね。

 

未だにコンビニとかで現金払いしている人が僕は信じられないので、そのあたりも後日記事を書いて炎上を狙おうと思います。

 

話は逸れましたが購入したのは、m+(エムピウ)から発売されているzonzo(ゾンゾ)という革財布。非常にコンパクトで軽いお財布です。

 

大きさで言えばIphone7の80%くらいの大きさ。カラーも青という珍しい色であり、所有欲が満たされまくります。ネットでは売り切れているので、わざわざ蔵前にある本店まで行って正解でした。

 

後々、仕様後のレビューでも書いてみようかと思います。一応リンク貼っておきますね。 

 

(2)アフィリエイトで15000円手に入れた

はてなブログでコスト0でブログを運営している僕。収益を上げられる事は全く予想していなかったのですが、9月9日に始めてから約1ヶ月で15000円を手に入れる事ができました。

 

ただ、時給換算すると意外に悲惨。僕が書いた記事数は今までで46記事。1記事あたり1時間〜2時間かかっています。

 

つまり、平均1.5時間だとしても69時間。計算してみるとなんと217円程度でした。恐ろしい。

 

ちなみに普通に流入で得た金額は1000円。あとはアフィリエイトの仕組みを上手く利用して手に入れた金額なので、初心者ブロガーって全然儲からないことを痛感しました。

 

ちなみにアフィリエイト収入を獲得したのはUnistyleの紹介料Amazon Audible。ブロガーの方、ぜひ使ってみてください。

 

(3)コピーライターや広告の本を読んだ

東京駅付近にあるKITTE内の本屋にて広告系の本を読んできました。ここらへんの本は興味ある分野なのでスラスラ読めます。広告業界を選んで良かったと素直に思いました。

 

商社を選んでいたら僕は鉄とかトウモロコシの本を読む未来があったかもしれませんね。ぞっとします。

 

これらの本で学んだのは「センスだけがものを言う」と思っていた世界でも一応セオリーなるものは存在するということ。広告のコピーにもちゃんとフレームワークなるものがあり驚きました。

 

コピーライターやクリエイティブ志望ではないのものの、ここらへんの知識あったら何か面白そうですし、何よりブログに活かせそうなので入社後も勉強したいところですね。

 

(4)Apple Watch4を予約した

9月29日くらいにノジマオンラインでAppleWatch4を予約しました。ただ、発送日は未定。いつ届くか全然分かりません。

 

ちなみに敢えてノジマオンラインというマイナーなサイトを選んだのは22500円OFFで購入することが出来たから。

 

楽天カード作成をライフメディア経由で行った後、そこで得たポイントをノジマにうつしてタダで22500円を得られたことがこのカラクリです。

 

ブログのアフィリエイト収益なんかもそうですが、世の中真面目に稼ぐ以外にも色々とお金を得られる方法があることを再確認しました。

 

後々これも記事ネタにしていきます。

 

(5)友人に久しぶりに会った

留学から帰ってきた友人に会ってきました。形としては就活相談でしたが、普通に雑談をして終了。

 

一見めちゃくちゃ普通の経験ですが、彼から「目つきが変わった」と言われたことが非常に印象に残っているのでわざわざ書きました。おそらく良い意味です、そう信じましょう。

 

就活長期インターンを一通り経験して、自分でも人間としてかなり成長できた実感があるので彼からその言葉を言われた時は純粋に嬉しかったですね。

 

これからもドンドン成長できるよう頑張っていこうと思います。

 

(6)1記事が検索順位1位を獲得した

チョコプラのキングオブコントを分析した記事がとうとう検索1位を獲得しました。かなり嬉しかったです。

 

インターン先のメディアでも自分の書いた記事が1位いくのって結構難しかったんですが、それが自分のメディアでも1位を獲得できたので喜びもデカイです。

 

これからも頑張って1位を取れるようにやっていきます。

 

今日も読んで頂きありがとう

今日は結局近況報告の記事を書いてみました。

 

ブログって書くのがめんどくさそう、とか思う方も多いと思うんですが、自分の経験を言語化出来てスッキリできる手段でもあり、意外とおすすめです。

 

ジャンル特化型のブログはバリバリ頑張っていかなければ行けないと思いますが、雑記は本当に好きなことを書けるのが良いところですね。

 

明日からはちゃんとした記事を書いていきます。きっと。

 

それでは。

pandenm.hateblo.jp

 

 

【商社内定者直伝】面接の自己紹介は何を言う?-答え方と回答例を解説

面接の自己紹介で重要なポイントを解説した記事のイメージ

この記事の概要

  • 面接で「自己紹介をどうぞ」と言われた時の答え方を解説

この記事のターゲット

  • 面接の自己紹介で何を言えばよいか分からない人

面接の自己紹介はどうする?

多くの人が悩む面接での自己紹介。

 

「どこまで喋れば良いか分からない」「何を言えばよいのだろう」

 

上記のような疑問を抱えている方も多いことでしょう。この記事では面接で「自己紹介をどうぞ」と言われた時の答え方、ポイントを解説。

 

19卒で就活を終えたてホヤホヤの僕が、何十回も面接をして辿り着いた答えです。ぜひ参考にしてください。

 

面接の自己紹介で言うべきこと

自己紹介で言うべきこと。それは以下の3つです。

  1. 名前
  2. 学校名
  3. 学生時代力を入れたことの概要

 

「たったこれだけ?」と思う方もいるのではないでしょうか?これでいいんです。

 

何度も面接していて気づいたのですが、皆さんが思っているよりも、面接官は自己紹介を聞いていません。挨拶レベルになっている場合の方がむしろ多いです。

 

そのため、長々と喋り続けると確実にマイナス評価。その理由を以下の章でお伝えします。

 

自己紹介を簡潔に言うべき理由

なぜ自己紹介は簡潔に言わなければならないのでしょうか?「せっかく喋れるんだったら、自分のことをもっと伝えたい」と思う方もいるでしょう。

 

その気持ちも分かります。ただ、「面接を通過するためにはどうすれば良いか?」をもう一度よく考えてください。

 

面接は、面接官に「この人はウチが必要としている能力を持っていそう」と思わせられれば選考通過します。

 

就活生に「ウチで活躍する資質があるかどうか」を確かめるために、面接官は就活生に何度も質問をして、その資質を言葉から引き出そうとするのです。

 

ただ、企業が必要とする能力は一つあればOKというわけではなく、何個もの能力が必要とされます。その多くを満たしてやっと通過となるのです。

 

そのため、面接官とのやり取りの中で、あらゆる角度から「こいつデキる」と思わせることが大事。ただ、そう思わせるためには何度も面接官と質問のやり取りをする必要があります。

 

でも面接の時間は有限。テキトーな話ばかりしていたら「アピールする間も無く終了した」なんてことも。

 

だからこそ、自分が一方的に喋り続ける自己紹介の時間は「評価される時間」では無いのでぶっちゃけ無駄。それゆえ、簡潔に押さえるのが吉です。

 

自己紹介の回答例

「自己紹介は簡潔に」という点を意識した上で、実際に自己紹介の回答例をご紹介します。面接官から「自己紹介をどうぞ」と言われた後の回答だと考えてください。

 

なお、面接を受ける側の就活生は以下のようなステータスだと仮定しましょう。

 

この場合、以下のような自己紹介がオススメです。 

慶應義塾大学経済学部4年の福沢平吉と申します。学生時代は2つのことに力を注いできました。1つ目が空港のお土産屋さんで行っていたアルバイト。2つ目がベンチャー企業で行っていた営業の長期インターンです。本日はよろしくお願い致します。

 

慶應の福沢君はプロフィールを見る限り、多くの活動をやってきたようです。本来はたくさんアピールしたいところでしょう。

 

ただ、自己紹介はあくまでも挨拶、もしくは面接へのフックづくりの場です。そのため、特に頑張った2つの経験だけを簡潔に述べました。 

 

「1分で自己紹介して」などの指定があれば、その都度内容は変える必要があります。ただ、特に指定がない場合、これくらい簡潔で全く問題ありません。

 

補足:自己紹介で気をつけるべきポイント

ここまで「簡潔に伝えること」が大事だと述べてきました。この他にも重要な事は2点。

  1. 腹から声を出す
  2. 肩をリラックスさせる

 

(1)腹から声を出す

先程もお伝えしたとおり、自己紹介はいわば挨拶。

 

ここでショボい声を出していたら「あれ..大丈夫かな..」ってなります。新入社員に求められるフレッシュさを存分にアピールするためにも腹から声を出すようにしましょう。

 

(2)肩をリラックスさせる

気合が入りすぎてガチガチになっていても駄目です。肩肘張っていると、ガチガチに緊張しているように見えて頼りないので、リラックスした状態で臨みましょう。

 

自己紹介を乗り切って面接を上手く進めよう

自己紹介のポイントをご理解いただけたでしょうか?面接は自己紹介を終えてからが勝負なので、簡潔に自己紹介を終わらせることを出来る限り心がけてください。

 

また、面接での受け答えのポイントなどは以下の記事で解説してるので、ぜひ参考に。

 

それでは。

pandenm.hateblo.jp

pandenm.hateblo.jp

pandenm.hateblo.jp

 

 

 

【商社内定者直伝】OB訪問で高評価をとる極意

OB訪問で高評価をとる極意を解説したイメージ

この記事の概要

  • OB訪問を高評価をとるためのポイントを解説

この記事のターゲット

  • OB訪問自体には慣れたきた就活生
  • OB訪問で何を意識すれば良いか分からない就活生

OB訪問で高評価をとるためには?

業界研究、企業研究に役立つOB訪問。商社業界を志す就活生には必須のイベントですよね。

 

OB訪問では上手くいけば高評価が取れて「一次選考免除」なんてことも。

 

僕も実際ある総合商社では「二次選考からスタート」なんてことがありました。

 

この記事では僕がOB訪問で高評価を取るに至った「OB訪問術」を解説していきます。

ぜひ皆さんのOB訪問にも役立ててみてください。

 

OBで高評価をとる5つのポイント

僕が高評価を取るに至った「OB訪問」のポイントを早速解説します。ただ、今回は上級編。基本的な部分はすべてこちらの記事でまとめているので、こちらも合わせてみてください。

  1. 自己紹介+質問資料を事前に送信する
  2. 質問の意図を伝える
  3. 適宜時間を確認する
  4. 馬が合ったOBには更にOBを紹介してもらう
  5. 感謝を形で示す

 

(1)自己紹介+質問資料を事前に送信する

OB訪問で高評価を得るためには、「相手のことを一方的に聞く」のではなく「自分のことを開示」して「一緒に働きたい」と思ってもらう必要があります

 

 ただ、OB訪問の時間は約1時間と限られており、自己紹介をして次に質問をしていたらもう終了時刻なんてことも。自分をアピールする時間はあまり無いのが実情です。

 

 ならば、事前に自己紹介を全て済ませてしまいましょう。履歴書のようなフォーマットをWordで作成し、「学生時代の経験」や「将来像」「志望動機」などを記載することをおすすめします。そして質問リストも合わせて作成。

 

 これをOB訪問の1週間前〜1日前に「事前に見て頂く必要が御座いませんが」という文言とともに送信しましょう。また、この際には1~2分程度で確認できる分量にすることが好ましいです。手間になりすぎると良くないので。

 

また、おすすめなのは「自己紹介+質問リスト」の用紙をA4サイズに全て収めること。A4を横に使い、2in1などの機能を使うとまとまります。レストランなどでは紙を広げるスペースがあまり無いので出来る限りコンパクトにしておくと良いです。

 

(2)質問の意図を伝える

漠然とした質問をする際には、必ず「その質問の意図」も併せて伝えましょう。曖昧な質問が来ると「これはどう答えれば良いんだ?」とOBの人も困ってしまいます

 

なので、「◯についてお伺いしたいです。というのも〜だから」のように補足するように心がけてください。

 

また、事前に送信する質問リストにも「質問の意図」という欄を作っておくと親切です。きっとコミュニケーションが円滑になり、高評価をとることに繋がるはず。

 

(3)適宜時間を確認する

OB訪問を行っている最中は、適宜時間を確認して「あと◯分でOB訪問を切り上げる必要がある」と認識するようにしましょう。

 

だいたいのOB訪問は昼休みに行われ、多くのOBはその後に会議などの予定が入っています。そのため、時間いっぱいまでギリギリに質問をし続けてしまうと、迷惑がかかる場合も。

 

だからこそ、事前に「30分経過までにここまで聞く」などを考えておくほか、時間がない場合に聞く重要な質問などを決めておくと良いです。

 

また、OB訪問終了15分前くらいになったら必ずいつまで大丈夫かを確認するようにしましょう。意外にOB訪問のクロージングが大事だったりするので、多少余裕をもって終えるのがベストです。

 

「気を遣える学生」という印象を与え、高評価に繋がる可能性があります。

 

(4)馬が合ったOBには更にOBを紹介してもらう

「馬が合った」「話が盛り上がった」「きっと高評価をとれた」

 

このようにOB訪問で感じた場合は、必ず他のOBを紹介してもらいましょう。

 

同じ会社でも様々な種類の社員さんがいます。そのため、全く気が合わず低評価を付けられるなんてことも。だったら、「自分と波長の合うOB」のみにOB訪問をかけた方が確実に高評価がとれますよね。

 

OBさんもやはり人間であり、OBさんと気が合う連絡の取れる方を紹介してくれます。そうなると、自分と波長の合う可能性が高いです。上手いこと話してOBを紹介してもらいましょう。

 

(5)感謝を形で示す

OB訪問で高評価を得るためにはクロージングおよびアフターフォローも大切です。そのため、OB訪問のお礼メールは出来る限り早く、出来る限り熱を込めて送信しましょう。

 

「早く送れば送るほど高評価」なんてことはありませんが、それだけ優先してお礼を送ったという事実は決して低評価にはならないはず。「引かれないかな..」なんて考えず、やれることはやりましょう。

 

また、これは場合によっては不適切ですが、「差し入れ」も手段の一つです。初めて合うOBさんに渡すのは億劫かもしれませんが、何度も会ってくださる方には感謝の気持ちを形で示すのもありでしょう。

 

この「差し入れ」という手段はOBの方から教えていただいたのですが、リポビタンD」など汎用性の高いモノだと評判も良いです。ぜひ活用して高評価をとってください。

 

OB訪問で高評価をとって選考を有利に進めよう

OB訪問で高評価を取る方法、ご理解頂けたでしょうか。企業研究に役立つOB訪問で、自分の評価も上げられたら正しく「一石二鳥」ですよね。

 

同じOB訪問という機会でも、他の人より2倍有効活用できる可能性があるので、ぜひ今回ご紹介した「OB訪問で高評価をとる極意」を活かしてください。

 

それでは。

pandenm.hateblo.jp

pandenm.hateblo.jp

pandenm.hateblo.jp

pandenm.hateblo.jp

【就活生に捧ぐ】就活は何から始めれば良い?-進め方を解説

就活の進め方について書いた記事のイメージ

この記事の概要

  • 就活の進め方、やるべきことを一から解説

この記事のターゲット

  • やるべきことが多く就活が上手く回っていない20卒
  • 何から手を付ければ良いか分かっていない21卒以降の学生

就活の進め方を知ろう

「就活は何から始めれば良いのか分からない」

 

上記のような不安を抱えている就活生はきっと多いことでしょう。就活はやるべきことが色々とあり、混乱することが多々あるものです。

 

この記事では19卒として1年間以上就活をした僕が「効率的だ」と感じた就活の進め方を解説します。

 

僕の内定実績やインターン実績はこちらに書いてあるので、興味があれば御覧ください。

 

就活の進め方

それでは就活はどのように進めれば良いのか。以下の図をご覧ください。

 

f:id:pandenm:20181010105039p:plain

  • やるべきこと=縦軸
  • やるべき時期=横軸
  • 濃い色=熱心な対策が必要
  • 淡い色=ある程度の対策が必要
  • 就活初期=インターン参加前
  • 中期=インターン〜本選考
  • 後期=本選考

 

就活解禁という概念がなくなる21卒以降にも対応させるため、「就活◯期」という書き方にしています。一つひとつ詳しく説明してきましょう。

 

(1)自己分析

自己分析とは「今までの経験」を振り返り、「自分の強み・弱み」を棚卸しする作業

面接官から聞かれる質問や、ESの設問に答えるために必要な工程です。

 

そのため、就活初期から取り組み続ける必要があります。この自己分析は「完全に終わった!」というような明確なゴールが無いもの

 

なので、就活中期までに「おおかた面接での質問に答えられる」という状態にしておき、就活後期からは修正を加える程度にしておきましょう。

 

こちらの記事で自己分析方法などを解説してるので参考にしてください。

 

(2)ES対策

ESは何度も書き直すことで、徐々にクオリティが上がってくるものです。

 

また、インターンの申し込みから必要となるため、まず対策を始めると良いでしょう。

 

基本的に就活サイトや本で得られた就活ノウハウをもとに作成すると短時間で良い内容のものが完成します。

 

この記事ではES対策をするときに知っておきたいことが解説しているので、まずこちらを基に対策をしてみると良いかも知れません。

 

就活サイトおすすめの就活本を紹介している記事もあるので参考にしてください。

 

(3)WEBテ対策

WEBテストインターンや本選考の「足切り」となるテストのこと。これを通過できなければ面接にすら進むことが出来ません。

 

そのため、出来るならばインターン申し込み前までに、対策をしておきたいところ。

 

ES対策の記事と同じ記事で特集をしているので対策法はこちらを参考にしてください。

テストセンターに特化した記事もあるので、SPI形式の場合はこちらをどうぞ。

 

(4)GD対策

GDは早めに自分の型と言える戦い方を作ると、その後連戦連勝することができます。逆に言うと、それまでは失敗の連続です。

 

だからこそ、選考が始まる前の時期にGD対策セミナーなどを活用することでGDに慣れておきましょう

 

GD初心者中級者のための対策法も紹介していますので、GDを受ける前に確認しておいて欲しいところ。

 

(5)面接対策

面接はES、WEBテスト、GD対策が終わった後に本腰を入れるのが良いでしょう。本来は最初からやるのがベストなのですが、中々時間的余裕が少ないはず。

 

だからこそ、まずは面接にたどり着くまでの選考に必要なものを最初にカバーしておきたいところ。

 

面接までの通過率が上がったら本格的に面接対策を行いましょう。面接対策はこちらを参考にしてください。

 

緊張をほぐすやり方について知りたい方は、この記事がおすすめです。

 

(6)OB訪問

OB訪問は業界研究・企業研究に一番役立つ手段です。社会人と話慣れておくことで面接対策にもなるという優れもの。

 

ぜひとも就活初期から始め、他の就活生に一歩リードしておきましょう。

 

おすすめのOB訪問サイトをこちらで紹介しているので、参考にしてください。またOB訪問で気をつけるべきポイントを初心者用上級者用別にも紹介しているのでこちらもぜひ。

 

一つ一つやるべきことを潰していこう

この記事では就活の進め方について解説してきました。こう見ると就活って結構やるべきことが多いですよね。

 

ただ、一つ一つ必要な対策を行っていけば問題ありません。今回紹介した記事をもとに、上手に就活を進めてくださいね。

 

それでは。

pandenm.hateblo.jp

pandenm.hateblo.jp

僕が早くもブログに飽きてしまった理由

f:id:pandenm:20181009230604p:plain

早くもブログを書くことに飽きた

9月9日に始動した僕のブログ「ヒグマログ」。

それから暫くの間、毎日一記事投稿が続いていたものの、最近遂に途絶えてしまいました。ついでに筋トレもストップ。

飽き性な僕が1ヶ月続いただけでもかなり頑張ったほうなのですが、やはり毎日コツコツやっていたことが途切れるのは悲しいこと。

この記事はそんな僕のブログをなんとか持続させるため、「ブログを飽きた」という内容で記事を書いてみます。

以前ブログを書かなかったときに書いた記事と似たようなテイストですね。

ブログに飽き始めた方、僕のようにとりあえずブログ書いてみると良いかもしれません。

 

ブログが途絶えた10月7日

それではまず、ブログが急に途絶えたきっかけを考察していきましょう。

更新が止まった日付は、10月7日まずはこの日に何があったかを知ることがカギになりそうです。

 

10月7日の僕の生活

この日、僕は大学2年生まで所属していたサークルのメンツと一緒に飲みに行きました。スケジュールは以下の通り。

  • 10:00~17:00(在宅)
  • 17:45~19:00(0次会)
  • 19:00~21:30(1次会)
  • 21:30~23:50(2次会)

このような状態。およそ6時間飲んでいるということになります。

しかし、家に7時間もいる余裕があったことが判明しました。これほどの時間があれば流石に1記事は書くことができそうです。

なぜ僕は書けなかったのでしょうか。その謎に迫ってみましょう。

 

僕のブログが途絶えた理由

先程紹介した僕の10月7日のスケジュール。

実は在宅の時間、無限にベッドの上でYouTubeやらスマホゲームをしていました。

いつもはパソコンをさっと広げてブログを書くところですが、パソコンを開く元気すら無かったようです。要は現実逃避。

過去の僕の心理状態を推察するに、以下の要素が影響していると考えられました。

 

(1)来年から働くのが不安になった

この要素が非常に大きく影響しているでしょう。僕のプロフィールでも書いていますが、来年から僕は広告マン。世間一般では激務と言われており、バッシングされている業界です。

 

正直、働いてみないとそんなの分からないし、楽しそうだからいいやと楽観的になっていましたが、徐々に不安になってきました。

 

この「激務」という要素の他にも、「上司ガチャ」「酒」「通勤ラッシュ」等、様々なリスクがあるし。

 

これが所謂内定ブルーというやつなのでしょう。このブルー状態になっているが故、とにかく楽なことがしたいという心理状態に陥った結果、ダラダラとする時間が増えていました。

 

(2)マーケの勉強をする必要性がわからなくなった

先も申し上げたとおり、僕は来年から広告マンになります。広告マンになるからマーケの勉強をちゃんとやろう、と思っていました。

 

しかし、「そもそもマーケの知識いるっけ」と思い始めてしまったのです。僕は面接でも営業をやりたいと言っていたため、おそらく配属は営業。

 

営業をやるとなると、今マーケを勉強するよりも営業のことを勉強したほうが良いのではないか、とブログを始めた理由の根幹が揺らいできました。

 

(3)色々やるべきことが重なって面倒になった

就活を終えた後、最高のダラダラ生活を送ってきた僕。

大学の定期試験も、就活も、課題も何もない生活でした。しかし、内定式を終えると状況は一変します。

課題がある程度の量、出されてしまいました。また、僕があまり得意ではないクリエイティブ分野のものまで。

さらに海外事業も将来的に担いたいため、TOEICの勉強をまた行う必要があります。

最強に快適な環境に置かれていた僕が、急にちょっとした圧にかけられた結果、全てが面倒になっている状態だと言えるでしょう。

 

僕はもっと頑張るべきだ

ここまで僕のブログ休止に影響した要素を整理してきました。弱い、弱すぎるぞ僕。

そんな弱い僕に反論をすることで、ブログを継続させることを説得しようと思います。

 

(1)「来年から働くのが不安になった」への反論

激務という言葉にビビり始めた僕。反論をしてやりましょう。

そもそも、広告マンの仕事は僕がやりたかった仕事のはず。

「結果が形として現れる」「ワクワクする仕事」「プロジェクトが短期スパン」という軸を満たしてくれている素晴らしい仕事です。

楽しい仕事ならば、激務であったとしてもストレスはそこまでかからないはず。大学の学園祭などと同じ感覚らしいので、意外といけるかもしれません。

また、僕が内定を頂いた他の企業に言った場合、「そもそも面白そうじゃない」「市場価値が微妙」「年収が低い」などの問題がありました。

これが最適解、うんきっとそう。

 

(2)「マーケの勉強をする必要性がわからなくなった」への反論

これは..どうなんでしょうか。きっと営業になったとしてもマーケの知識が必要。

研修などでもどうせ習うことになるのでしょうから、今から学んだほうがスタートダッシュできてて良さそうです。

おまけにアフィリエイトで既に8000円儲けたし、マーケの知識はやはり金になりそう。

やって良かった。

 

(3)「色々やるべきことが重なって面倒になった」への反論

僕よ、現実逃避をしてみてどうなったでしょうか。気が楽になりましたか。

答えは確実にNOです。やるべきことはそのまま残っています。

YouTubeやゲームをやったとしても現実には何も残ってはいませんよね。

「やるべきこと」もハードなものではなく、ちょっと集中すれば直ぐに終わるものばかり。

グダグダ言ってないでやることやりましょう。

 

拝啓僕、すみませんでした

僕が僕自身によってガツンと叱られていまいました。

本当にすみません。でもダラダラする時間は至福であり、譲れないものでもあります。

ただ、メリハリはしっかりつけて物事をやる必要はあるので、しっかりやっていきましょう。

モヤモヤしている暇があるならこのブログで言語化して発散することができますし。

あくまでも雑記ブログなのでこの使い方は許されることでしょう。

それでは。